メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 看護学部 > 看護学部の概要とカリキュラム

看護学部の概要とカリキュラム

更新日:2017年4月25日

本学 看護学部の概要

 心と心が通い合うヒューマン・ケアリングの理想を求めて。    
 「心と心が通い合う、もっと人間的な看護を」、「世界に通用する先端的看護を」。本館棟  本学は、そのような国際化時代に対応できる資質を備えた人材を育成します。   国立国際医療研究センターや国立がん研究センターなどの国立高度専門医療研究センターで求められる高度な臨床看護実践能力、臨床看護研究能力を身につけ、先端医療の現場や広く海外で活躍できる看護師、助産師を育成していきます。

本学 看護学部の特色

 あなたの若いエネルギーを21世紀に活かしてみませんか。実習風景  本学は、国立高度専門医療研究センターの職員になろうとする看護師、助産師を養成することを目的に、厚生労働省が初めて開設した看護学の高等教育機関です。
 臨床看護の実践能力の修得を重視して、国立国際医療研究センターなどの国立高度専門医療研究センターにおいて、新しい時代の看護教育を行っていきます。

学年別カリキュラム

 人は心をかよわせることができます。生きることの喜びを分かち合うことができます。
 本学の教育システムは、1年次から看護の基本となるこのような人間理解の考え方を学び、ヒューマンケアリングの理想を追求していきます。
 また4年間を通じて、人間科学、環境と人間、様々な関係性の中で生きる人間の在り方に関わる科目を配置し、看護の専門知識と人間理解について知識をうまく統合させ、ベットサイド・ティーチングを通して身に付いた能力がえられるようにカリキュラムが組まれています。

1年生

領域科目名
人間科学   人間存在の哲学
日本人論
生命のしくみ
生命倫理
心理学
文学
人間と宗教
環境   環境と健康
微生物と人間
文化人類学
法と社会
人間と教育
アジアの中の日本
関係性   脳と行動
知の探求
保健行動論
人間関係論
性と性役割
スポーツと健康
国語表現法
第一外国語 英語I 英語II
第二外国語 スペイン語I スペイン語II
中国語I 中国語II
フランス語I フランス語II
成長発達   人体の構造と機能I
人体の構造と機能II
遺伝と健康I
加齢と健康
食の科学
食と健康
発達心理学
免疫と健康
基礎科学実験実習
看護の専門科目   疾病・病態論I
看護学概論
生活援助論I
看護情報学I
看護情報学II
看護学実習 基礎看護学実習I

2年生

領域科目名
人間科学   日本の伝統芸術
環境   保健・医療・福祉システム
マスコミュニケーション論
関係性   コミュニケーション演習
家族の社会学
第一外国語 英語III 英語IV
成長発達   遺伝と健康II
看護の専門科目   疾病・病態論II
薬物療法と看護
看護基礎理論
看護過程原論
生活援助論II
在宅看護概論
ヘルスプロモーション
家族看護論
成人看護学概論
成人看護援助論I
成人看護援助論II
老年看護学概論
小児看護学概論
小児看護援助論I
母性看護学概論
母性看護援助論I
母性看護援助論II
精神看護学概論
看護学実習 基礎看護学実習II

3年生

領域科目名
関係性   国際関係論
癒やしの科学
第一外国語 英語V
看護の専門科目   フィジカルアセスメント
地域生活とケア
老年看護援助論
小児看護援助論II
周産期と看護
精神看護援助論
看護倫理
看護と安全
看護教育論
看護情報学III
政策医療看護学 政策医療看護論
国際看護論
看護学実習 在宅看護学実習
成人看護学実習I
成人看護学実習II
老年看護学実習I
老年看護学実習II
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
看護研究 看護実践と研究成果の活用

4年生

領域科目名
環境   医療経済学
医療工学
関係性 第一外国語 英語VI
看護の専門科目   看護管理論
看護と安全
看護学統合演習 看護学統合実習
政策医療看護学 高度先駆的医療看護I(がん看護)
高度先駆的医療看護II(循環器病看護)
高度先駆的医療看護III(精神看護)
高度先駆的医療看護IV(成育看護)
高度先駆的医療看護V(長寿看護)
災害看護論
国際看護活動論
感染症看護論
政策医療看護学実習 政策医療看護学実習
国際看護学実習I 国際看護学実習II
看護研究 卒業研究I 卒業研究II
助産科目(選抜) 助産論 助産診断・技術学I
助産診断・技術学II(演習含む)
周産期ハイリスクケア
助産とケアマネージメント
助産とケアマネージメント実習
地域母子保健
助産学実習I 助産学実習II