メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 研究課程部 > 研究課程部 ご挨拶

研究課程部 ご挨拶

更新日:2018年3月12日

知を磨き、看護の未来を拓く

臨床に密着した研究活動と、未来に活きる政策提言のできる人材を育成する

大学校長 井上 智子 本学の研究課程部(前期・後期課程)は、国が政策的な観点から担うべき医療(政策医療)における看護の質を高めるという重要な役割を担っており、これは他の看護系大学院にはない大きな特色です。また、先端医療を提供する6つの国立高度専門医療研究センターと連携して教育(含む、専門看護師教育)・研究が行われていることも特徴で、研究と実践とが密接にかかわりあう環境の中で学びを深めることができます。

 研究は、看護の対象となる人々の苦悩や問題、不都合を敏感に感じ取るセンサーとそれらを何とかしたいという看護職としての在り方と大きくかかわっています。そのために学び、研究技法を磨き、得られた研究成果をより良い看護の実践や、より良い社会の実現につなげていくことが重要です。知恵と知識とスキルを磨き、社会に貢献できる人材であるとともに看護職としての成長も期待しています。

大学校長 井上 智子

 

看護の実践・教育の変革に必要な研究能力と高度実践能力を備えた人材を育成する

研究課程部長 亀岡 智美

 本学研究課程部では、充実した環境の中で研究に取り組み、看護職者として働く中で日々感じている疑問、改善したいと思う問題状況に真正面から取り組むことができます。それは、看護の実践や教育の変革に必要な研究能力、高度実践能力の修得につながります。

 また、本学研究課程部で学んだ成果として、修士・博士の学位を取得できます。そのことは、看護職者としての活動範囲、貢献できる範囲を飛躍的に広げてくれるに違いありません。

 日本はもとより、世界中に看護を必要としている人々がいます。看護に真剣に向き合っているあなたの視点が、看護の未来、看護の対象となる人々の幸福につながることを心にとめて、是非、本学の扉をたたいてください。

研究課程部長 亀岡 智美