メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 研究課程部 > 研究課程部 ご挨拶

研究課程部 ご挨拶

更新日:2020年4月1日

知を磨き、看護の未来を拓く

臨床に密着した研究活動と、未来に活きる政策提言のできる人材を育成する

大学校長 井上 智子 本学の研究課程部(前期・後期課程)は、国が政策的な観点から担うべき医療(政策医療)における看護の質を高めるという重要な役割を担っており、これは他の看護系大学院にはない大きな特色です。また、先端医療を提供する6つの国立高度専門医療研究センターと連携して教育(含む、専門看護師教育)・研究が行われていることも特徴で、研究と実践とが密接にかかわりあう環境の中で学びを深めることができます。

 研究は、看護の対象となる人々の苦悩や問題、不都合を敏感に感じ取るセンサーとそれらを何とかしたいという看護職としての在り方と大きくかかわっています。そのために学び、研究技法を磨き、得られた研究成果をより良い看護の実践や、より良い社会の実現につなげていくことが重要です。知恵と知識とスキルを磨き、社会に貢献できる人材であるとともに看護職としての成長も期待しています。

大学校長 井上 智子

社会の急速な変化や多様性に適切に対応できる人材を育成するために、
エビデンスを発見・発信する基盤を築く

 医療を取り巻く社会環境は日々変化します。科学・医療技術の進歩、多様な価値観、格差社会、グローバル化などが、医療・看護実践の場に刻々と影響を及ぼします。変化を予測し、問題の本質を見極めて解決するため、看護職には自身の感性や知識、技術を高め、協働するチームメンバーの力を引き出すリーダーシップ性が求められます。

 本学研究課程部は充実した教育施設の中で、政策医療を担うナショナルセンターとの連携を生かした専門性の修得が可能であり、その学びの成果として、修士、博士の学位を取得することができます。また研究能力を高める過程は、臨床の場で重要なエビデンスを発見・発信するための能力、つまり情報探索力、文脈理解力、プレゼンテーション力、相談・調整力、組織構築力等の基盤となります。

 人生100年時代。生涯にわたり職業を通じてキャリアアップをめざしましょう。そして、皆さんと共に学びあえることこそ、本学教員の願いでもあります。

研究課程部長 外崎 明子