メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

トップページ > 研究課程部 > 修了生 OB・OGインタビュー

修了生 OB・OGインタビュー

更新日:2020年4月1日

 

研究を通して自分自身の看護を振り返ることができました

 本学の2 期生として学び、卒業後は神経内科など長期療養を行う患者さんやご家族と多く関わってきました。そのような方々の療養生活をより豊かにするための看護がしたいという思いから、研究課程部への進学を決めました。前期課程では、病院勤務を続けながら栃木県から通学し体力的な負担はありましたが、尊敬する先生方の下、通いなれた校舎で再び学べる安心感がありました。後期課程まで継続して取り組む中では、これまで曖昧にしていた疑問や課題を言葉にして周囲の人々に説明し、問題解決に向け研究成果を積み重ねていくことの重要性を学ぶことができました。さらに、自分自身の看護についても見つめ直し、卒業後はより地域に密着した看護を目指し訪問看護師として働くことを決めました。今後は、地域での看護実践を行うとともに研究活動も継続していきたいと考えています。

先駆的臨床看護学 長寿看護学分野 後期課程 2019年3月修了
河田 美那子

 

研究したことを臨床実践に活かしています

 感染管理認定看護師としての活動の中で、漠然とした力不足を感じるようになったのが本学を志望したきっかけです。
 「感染管理看護学分野では、行政に施策を提案できるだけでなく、地球規模で活躍できる人材を育てます」と初めての授業で先生がおっしゃったのを覚えています。現在私は、自身が課題とした重症心身障害児(者)領域について、修士論文で開発した戦略的な感染防止策を141 病院からなる国立病院機構の感染対策手引きに導入したり、明らかにした感染症リスク要因を英文誌に発表したり、入学していなければ出会えなかった志を同じくする人達とともにこれまではできなかったことを行ったりしています。
 現在でももちろん力不足を感じることはありますが、研究成果を臨床実践に活かすことで患者さんを感染から守っている手応えがあります。

先駆的臨床看護学 感染管理看護学分野 後期課程 2020年3月修了
高山 直樹

 

自律的に学習することの重要性を学びました

 私は病院に勤務し、新人看護師への指導を担当していました。指導にやりがいを感じる一方、適切に指導できているか自信を持てないこともありました。自らの学習の必要性を感じ、研究課程部への進学を決めました。研究課程部の授業は、学生が自ら学んだことを発表し、教員を交えた討論の形式によって進められます。そのため自らが課題の内容を深く理解すること、さらに学習した内容を要点を絞り授業参加者に伝えることを必要とされました。このような授業は、私にとって非常に難しいものでした。しかし、様々な文献を用い納得するまで調べたことにより、授業の内容を理解できるようになりました。入学前には想像していなかったほど多くのことが学べ、研究課程部における経験は私にとって大変有意義なものでした。現在、看護に疑問が生じたときには文献をもとに解決の糸口を見つけられるようになりました。これからも先人の研究から得られた知識を周囲の看護師と共有し、看護実践・教育に活かしていきたいと考えています。

看護教育学分野 前期課程 2019年3月修了
藤岡 亜未